楽天カードは18歳や高校生で持てるって聞いたけど…無理だよね?

楽天カードを18歳や高校生で持てるって本当?

高校生や18歳になったら何かと持ちたい年頃になりますよね。バイクもそうですが車の免許、他には大人の年齢だし、スマホでも買い物をする時にクレジットカードも持っておきたい。

 

 

便利なクレジットカードといえば楽天カードがあります。カードを持ちたい、凄くその気持ち分かります。ネットショッピングをする場合、クレジットカードがないと不便そのもの。

 

 

振り込みなどは手数料を取られる可能性もあるし、代引きなども手数料で無駄なお金が発生します。

 

 

では18歳や高校生は楽天カードを持つことができるのか?結構審査などが甘いと言われているし持てるのでは?と思う方も多いでしょう。

 

 

そこで今回はこのような疑問についてお答えしたいと思います。

 

18歳や高校生は楽天カードを作れる?

楽天カードは18歳以上の方ならカードを作ることができますが、残念ながら高校生は楽天カードを作れません。18歳の大学生なら作ることができます。

 

 

18歳以上で対象となるのは、高校生を除く18歳以上の方となる訳ですね。では「18歳だからカードを作れる!」と思ってもまだ一筋縄ではいかないのです。

 

 

作るなら親の同意が必要

 

えーマジで!と思った人もいるでしょう。実は「親の同意」が必要なのです。親の同意?どういうこと?と思いますが、未成年の方については親の同意がない状態では、クレジットカードを作ることができないのです。

 

 

これは他のカードも一緒で、最終的には親が許可をしないとカードを作ることができません。っていうことは、親が「ダメ!」というとクレジットカードは作れないのです。

 

 

基本未成年の人がカードを作る時は「電話確認」というのがあります。電話確認というのは、クレジットカードを発行してもいいのか?という電話連絡となります。

 

 

ココで親がどう判断するか、というのがポイントになってきます。親が「別に作ってもいいよ」というのであれば、作ることができますが、最終的には審査にパスしないとダメです。

 

 

楽天カードを作るのに収入は?

 

次に問題なのが収入(年収)の問題ですよね。18歳とはいってもまだまだ収入的には年配の方と比べると低い方が大半です。しかし収入が低くても楽天カードを作ることはできます。

 

 

ですが「18歳で無職」とこのような状況ならば作ることはまず無理だと思われます。安定した収入はないと厳しい、というのは18歳の方でも一緒ですが、大学生は無収入でもOKなパターンが多いです。

 

 

では18歳の大学生が大丈夫で、18歳無職の場合はNGなのはなぜか?それは単純な話で、大学生は職業が学生です。学生ですので学業がメインですよね。そうなると収入がないのは仕方ない、となります。

 

 

しかし18歳無職となると、学校にも行ってない、バイトもしていない、となりますので信用問題として不利になるのです。

 

 

18歳でも審査に通過するのか?

未成年でもクレジットカードを持ちたいと思ったら、審査に通る必要があります。当然ですがクレジットカード会社が18歳以上にカードを発行する時にも、返済能力があるかどうかを審査します。

 

 

つまり学生の場合は何かバイトをしている方が審査に通りやすくなるので、楽天カードを作るときだけでも、何らかのバイトをしておいた方がいいでしょう。

 

 

もちろん18歳で社会人の方は収入がありますので問題ないです。バイトをしていても問題ございません。要するに「安定した収入があるか?」が重要なポイントなんです。

 

 

では収入がない大学生の場合は?となりますよね。大学生の場合は払えないのなら親に払ってもらう、というのが基本的な考え方になりますので、収入が0でも問題ないのです。

 

 

また収入がない学生さんの場合ですと、たいてい限度額が10万円など低いですので、ある意味金融会社からしても「怖くない」のです。リスクがそこまでない、という意味ですね。

 

 

ですが親が金融事故(債務整理・延滞等)をしていて、同じ金融会社でカードを作る場合は審査が通りにくくなるパターンもありますので気をつけておきましょう。

 

 

申し込む際の審査対策とは

 

キャッシングはなしに設定をする

 

キャッシングというとお金を借りるということになりますので、キャッシングの申し込みは「なし」で申し込むのがいいでしょう。キャッシング基本的に「返済能力」が必要となってきます。

 

これは18歳だから、という問題ではなく、例え30歳の方や40歳の方でもキャッシングを申し込むのは、審査に影響を及ぼす可能性があります。

 

また収入がない大学生の場合は、キャッシング枠はありません。これは総量規制という賃金業法によって定められているからです。年収の1/3までしかお金は借りれない、というシステムですね。

 

 

嘘の情報を入力しない

 

結構多いのが「嘘の情報を書く」というケースが多く審査落ちをした、ということを耳にします。ではなぜこのようなウソを記入してしまうのでしょうか?

 

 

それはやはり「収入が多いと審査に有利」だからです。多くあるケースが収入の欄を嘘をついて書くいたり入力すること。特に学生は収入がない方も多いです。

 

 

しかしクレジットカードを持ちたい!という気持ちが強くでてしまい、年収などの欄に嘘をついて入力してしまう方もいます。収入がどれだけあるか?などはカード会社からすれば簡単に分かることで、嘘をつく意味がないのです。

 

 

結局嘘を入力してしまったので、審査落ちでカードが作れなくなった、というパターンがあります。なので嘘の情報を入力するのは絶対に止めましょう。

 

 

大学生で収入がない場合は「収入0」「年収0」これで良いのです。また虚偽の申告をしてバレた時、最悪な場合は二度とその会社でカードは作れなくなったりする場合もありますので絶対にしないようにしましょう。

 

 

審査落ち、高校生はデビットカードという選択肢がある

どうしてもクレジットカードを入手したいけど、審査に落ちてしまった。または高校生だけど、クレジットカードを持ってみたい、という方はクレジットカードの代わりになるものを探さないといけません。

 

 

そこで「デビットカード」が役立ちます。デビットカードとは、クレジットカードの機能を使えるようなカードで、使うごとに口座よりお金が引き落としされるシステムになっているカードです。

 

 

16歳以上で高校生も作成可能。高校生で持てるカードというのは、楽天カードではなく「楽天銀行デビットカード」のことです。

 

 

クレジットカードは締め日があって、毎月〇日に支払い、という感じですがデビットカードは使うごとに支払うので、無理なく使うことができるのです。

 

 

楽天銀行のデビットはVisaとJCBがありますが、お勧めは年会費無料のJCBカードです。しかもポイントまでつきますので一石二鳥です。